2016年10月

2016年10月15日

カミさん雑感

 訃報を書いたあとも結構アクセスがあるのにびっくりしています。
 カミさんのスマホを整理していたら、特に遺書めいた書き置きがあるわけでもなく。本当に生きて帰るつもりで入院してたんやなーとその執念に驚かされます。結局弱音は亡くなる前夜、自分が泊り込んだふたりっきりでの病室での
 「私、もうだめかも知らん!」
 という叫びだけだったような気がします。

DSC_0078[1]
 カミさんだけが撮った写真がいくつか出てきました。イギーのやつ、かっこよかったですねー。
 イギーみたいに居なくなって初めてわかったわけじゃなくずっとカミさんの事は好きで親しいまでも愛しているのですが、本当に「また俺のほうが生き残っちまったッ」です。

DSC_0080[1]
 そういやミク、凄く好きだったんですよ。よく一人で出かけて行って、ゲーセンの音ゲーをしに行ってました。
 可哀想な話なのですが、春過ぎてからガンが足に転移をして、6月に天神に出かけたのが最後のプレイになったのかな。もう、歩くのが辛そうなのにゲーセンに出かけたがって。その日は本当に帰りたがらなくって。

DSC_3433
 辛いもので残されたほうは色々と考えなくてはならないのですが、このアホを最期まで見届けたのは自分の使命なのかなあ。
DSC_3248
 自分のブログで闘病日記を綴っています。思い出話は色々つきません。濃密な夫婦でした、と書くとなんかエロいけれど、愉快な意味で濃密でした。アホで楽しいノープランなバカップルでありました。よく最期まで駆け抜けたねえ、どんちゃん。

 さて、やっぱおれも作らなきゃいけないのかなあ・・・。やってやれんことはない気がする。来月19日が、本当だったら来るべきだった40歳の誕生日だからなあ。

jimadon at 00:55|PermalinkComments(0)その他雑文 
ギャラリー
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • かばんちゃん(けものフレンズ)
  • 工藤優作(喧嘩稼業)
  • 工藤優作(喧嘩稼業)