その他雑文

2017年12月09日

カカオバターの話

 カカオバターというものを知っている人は少ない。
DSC_2550
 そもそもホワイトチョコって考えたら存在自体変ですよね?カカオってもともと茶色いのに。
 ええとですね、カカオの実の油脂分だけを取り除いたのがカカオバター。粉になったのは、ココアの粉ですね。その油脂分に砂糖やつなぎを混ぜたのがホワイトチョコなんだそうで、本場ではこのホワイトチョコなぞ
 「そんなもんチョコじゃねえ!別の食いもんじゃボンソワール!!」
 いやマジでチョコ本場では、そんな扱いらしいです。主にフランス語圏で。
DSC_2665
 先日のアライさんでも活躍したのだが、食紅というものは水に溶かして初めてその色を出します。
 水と湯煎したホワイトチョコを混ぜてみたことある人はそういないと思うが、もう混ぜたらとんでもないことになります。油脂分と水分が分離を始めて、ぼそぼそになります。
DSC_2579
 このチョコがカカオバターの初登場。今までぼそぼそになっても必死に扱ってきた食紅色のチョコに…きゃつをペティナイフで数かけら垂らすだけで。あっという間に扱いやすいチョコの柔らかさに!!万歳カカオバター!!

 流石に売ってるとこはないと思っていたのですが、音楽事でいつもライブする清川ユーテロさんの近所に
 「製菓業者ならマスト」
 な店があると訊き行ったらマジであった!
 柳橋商店街の南側。岩佐商店さんにありました!!
DSC_2691
 この子の髪の色を青で塗る手法もカカオバターなかったら不可能だったと思う…。

 岩佐商店。私の台所の食紅も全色売ってるし、本当に何でも揃っている。福岡でハンドメイドお菓子を作るならマスト!!おすすめです!!



jimadon at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年12月02日

いつまでも、あると思うな抹茶チョコの話

 緑色のチョコを作るのに、いやミリタリーもの(ガルパンとか)を作る際むちゃくちゃ楽なのが
 「抹茶チョコ」
DSC_2713
 の存在です。いやー、何度お世話になったか。

 しかしこれ、実はシーズンというのがあります。
 予想外なことに、冬場はあんまり売ってない。ちなみにこの瀧のために
DSC_1764
 抹茶アルフォートを使い切りました。そういや100均に行けば抹茶板チョコがあったのだけど、色が正直同じ色が出るか不安だったので…。それに何より美味いしねえ。
 抹茶チョコ、残りを本当に切らしてしまった。
DSC_2500
 こいつのシャツとか
DSC_0915
 ルビィのフードとか
DSC_0720
 この二人とかに役に立っていたんですが。アルフォートの抹茶チョコ、ちょっと遠くのスーパーに多少あったから、見かけたら買い込んでおくか…。

 ところでアルフォート、抹茶の代わりに今「濃厚いちご」がラインナップに入っています。
 赤色として優秀過ぎて死ねる!!
DSC_2708
 (※まだ未発表のダイヤ様)
 早速使ったのは言うまでもなく。(服部分に使ってます)

 ところでこないだ記事にしたチトとユーリは予想外にホワイトチョコ+食紅緑です。
DSC_2571
 カカオバターを入手したので、その威力を試したかったのです…(この話は来週やね!!)

jimadon at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年11月25日

じまおさんはたけぐしをおぼえたの話

 チョコ道具、ぶっちゃけて書けば『遺品』なんですがまあ話も重くなるので何を使っているかの話。
DSC_0576
 以前「爪楊枝使ってる」って書きました。カミさんは爪楊枝だったからなんですが…
DSC_0654
 嫁は4つ下、39で亡くなった…ということは、奴は知らない。
 そう、老・眼
DSC_2735
 もう赤ちゃんじゃないの。

 爪楊枝使うとさ、もちろんきゃつって短いじゃない。
 もう眼のピントが合う合わないが大変になってきた俺である。45歳。バカボンのパパの年齢も過ぎました。

 クッキングシート使っているので、こいつは結構元絵は見えてなくって、爪楊枝片手に目を近づける、ちょっと遠目で別に用意した元絵を見て確かめる、当然眼のピント調整に時間がかかる…があああああ!!
DSC_1970
 というわけで最近ついに考えました。
 竹串を使うことを覚えました。
 これだと柄も長い!ハッピー!!
DSC_2740
 ただ竹串の先は丸いので、先を研ぐようにしてます。逆にむらなく塗る用の潰したものも作りました。毎回ちゃんと洗うんだけど、手のところが食紅で黒ずんできて年季が入ってしまった…。細い線用太い線用が決まってるんだけど、
DSC_2668
 実際描いてるときは十把一絡げで最近描いてる気がする…(※未発表のやつです、これは細線が大変だった)。

 ちなみにあたしゃど近眼なんですが、絵を描くときはメガネ外しちゃいます。本当、何度もピント調節したくねーと目が訴えているのがわかる。進行すると、老眼鏡が必要になるのかしら、およよ…



jimadon at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年11月18日

カバヤ「さくパンチョコモナカ」の話

DSC_1270
 ずいぶん前に書いたこのチョコレート。ホームメイドでチョコを作るときの最強の白チョコレートはおそらく「デコペン白」なのだが、この白のチョコは油脂より糖分が多すぎて固まるのが早く、一度冷え固まると絵を描くようなことに全く向いてなかったりする。
 そこでこのカバヤのチョコレート。「サクサクぱんだ」の白部分は確かに白い。
DSC_1269
 が当然のごとく「白だけを取り出す」難易度はめちゃ高い。しかもクッキーなどと混じって包装されているのでペティナイフなどで上手く削るくらいしか対策が思いつかなかったのですが、いやいやなんの、さくパンチョコモナカがあるじゃないか!!

 …しかし最近色々な店に行ってみたがこの商品全く置いていないどころか、どうやら製造中止になったようだ。カバヤの公式サイト調べても出てこなかった。それどころか俺にとっての超セールスポイント「白さ」と真逆の製品を出している。
 幸いなんかたたき売りしていた店でしこたま買い込んであと6箱くらいあるので2年くらいは持つと思うのだが、株式会社カバヤ様、以前作っていた「ブロンドショコラ」もつくらなくなっているみたいだしせめてこの「白くて味にクセのないチョコ」だけは何とか商品ラインナップに残してほしいと思うのです。
DSC_1256
 まー、用途はこういう白さを武器にするものもあるんだけどやっぱり一番大切なのはキャラものの目の白を出す時。いやー本当に困るなあ、まあプロ用のものを使えばいいのかもしれないけどさあ、なかなかね…
Dsc_2591-1
 つまりこのエントリで言いたいことはただ一つ。
 「カバヤよもっと自信を持て!!俺は大好きだ!!」
 …ここまでヨイショしたら、カバヤ様から何かくれんものか…いや、それはないか…(秋波)

jimadon at 20:00|PermalinkComments(0)

2017年11月11日

レシピの話

 あんまりこういう話はしてないなあと思うのですが
 「チョコはなに使ってるの?」
 「私にも出来るかしら?」
 の類の話ですね。
DSC_1484
 まあたまにメーキング的画像を出すのですが要は下に元になる絵を反転させてプリンタ出力したものの上にクッキングシートを載せてその上に描いてます。
 主線、なんですがあくまでもチョコ、ということでダークブラウンにしています。
DSC_1485
 右端に見える『私の台所』シリーズの黒。流石竹炭。少しでも量を間違えると真っ黒になります。付属しているさじ半分と、チョコふたかけがちょうどのバランスでしょうか。
DSC_2547
 線だけ描いて、あとは「チョコで出来た色から塗る」。

 ちょうど写真があったので女の子の肌色のレシピ。
DSC_1480
 まさにこのバランス!!意外なんですがアポロチョコのいちごひとかけ+ホワイトふたかけが理想。イチゴ、チョイ多めでもOK。
 男子はさすがにこれでやるとつやつや過ぎてキモくなります。ホワイトチョコにブラックチョコを少しづつ混ぜる感じ。
DSC_1411
 こちらは明治ホワイトとガーナブラックを少しづつ混ぜて作りました。

 というわけなんですがこの記事で特に言いたいことは「アポロチョコは万能」ということですね。
 あいつ、茶色の部分もあるので肌色の影部分に使えるんですよ。
 というわけで出先でお金を割る必要に迫られた時、つい買ってしまいます。

jimadon at 20:00|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • 津島喜子(ラブライブ!サンシャイン!!)
  • カカオバターの話